色々な国の英語のアクセントを聞いてみよう!【おすすめ映画・ドラマ4選】

この記事は約9分で読めます。
スポンサーリンク

 

ひとみ
ひとみ

こんにちはっ、ひとみです

 

「英語」は世界の共通言語ですが、英語の中にも日本語の「方言」のようなアクセントの違いがあるのを知っていますか?

 

国によって様々な英語のアクセント

 

 

例えば、私たちが日本の学校で習うのは一般的に「アメリカ英語」と呼ばれるもの

 

私が住むオーストラリアでは「オーストラリア英語(別名:オージー英語)」が話されています

 

留学などで海外に出ると、色んな国から来たイングリッシュスピーカーに会うと思いますが、そこでちょっと大変なのがこの「アクセント」

 

特に日本人は「アメリカ英語」に慣れている人がほとんどだと思うので、他国の人が話す英語が聞き取れない!という壁にぶつかることも珍しくないと思います

 

ひとみ
ひとみ

私もフランス・スペイン系・中国・韓国・ベトナムなど様々なアクセントを持つ友人がいますが、初めは苦労しました

 

コミュニケーションをしていく上で、相手が言っている事を理解するのは大前提

 

もちろん、多国籍の友達と会話を繰り返す事が耳を慣らす一番の近道ではありますが、私にはもう1つおすすめの方法があります

 

それが、様々なアクセントを持つキャラクターが出てくる映画やドラマを見ること!

 

最近は人種の違いに対する世界の見方が(良い方向に)変わっていることもあり、色々なアクセントを持つキャラクターが映画やドラマでフィーチャーされることも珍しくありません

 

ひとみ
ひとみ

特にアジアのパワー(存在感)がとても強くなっていると思います

嬉しいことですね^^

 

そこで、今回は色々なアクセントを学ぶのにぴったりなおすすめ映画・ドラマをご紹介します!

 

おすすめ映画・ドラマ一覧

Crazy Rich Asians

 

(出典:Crazy Rich Asians (2018) – IMDb

 

この作品は、主人公のレイチェル・チュー(アジア系ニューヨーカー)とその恋人ニック・ヤング(シンガポール系)、また彼の超セレブな家族を巻き込んだ人間・恋模様が描かれたロマンティックコメディ

 

セレブたちに仲間入りすることの意味や、社会的な格差、また生きていく上での価値観など、様々なことに葛藤する主人公が印象的です

 

また、この作品は、主要キャストにアジア系の俳優のみを起用していることが話題となった映画です

 

それ故、キャスティングなどに関しては多様性にまつわる論争も起こったようですが、内容は面白く、アジア的な文化をよく映し出した映画だと思います

 

また、「アジア人は流暢な英語が話せない(アジア人のアクセントを笑い者にする)」というステレオタイプを壊すようなメッセージ性も感じられる作品です

 

ひとみ
ひとみ

ここ最近で一番アジアのパワーを感じさせた映画とも言えるのではないでしょうか?

 

✔︎学べるアクセント

  • アメリカ
  • イギリス
  • シンガポール(シングリッシュ)

 

✔︎視聴方法

 

いつもとても分かりやすい英語関連動画を配信されているじゅんさん(@jun_ho_shi)もオススメしています↓

 

Kim’s Convenience

 

(出典:Kim’s Convenience (TV Series 2016– ) – IMDb

 

この作品は、2016年10月にCBC Televisionで放送されたカナダのテレビコメディで、今年7月にはNetflixでも配信が開始されたこともあり、世界中で人気の作品となりました

 

シリーズは、カナダ・トロントでコンビニエンスストアを経営している韓国系カナダ人のキム一家を中心としてストーリーが進んでいきます

 

家族にまつわる人間関係が中心で、アジア的な要素も強いので、日本人でも共感しながら見ることができる内容だと思います

 

また、この作品の特徴として、両親の英語は韓国語アクセントが強く、子供達は流暢なカナディアンイングリッシュを喋ることがあげられると思います

 

両親が移民し、子供を英語圏で産んだ場合などに起こりやすいことで、海外に出るとそういった家族を見ることは珍しくありません

 

ひとみ
ひとみ

日本では日本人の両親から生まれ、日本語のみで生活していくことが一般的と捉えられているので、初めはびっくりするかもしれません

 

また、子供達が両親を呼ぶときだけ韓国語で「엄마(お母さん)」「아빠(お父さん)」と言うところや、アジア的な発想と西洋的な発想が衝突するシーンなど、文化の交錯を上手く表している作品だと思います

 

ちなみに、お父さん役を演じるPaul Sun-Hyung Leeさんは、劇中終始韓国語アクセントで話していますが、普段は流暢な英語を話されています

 

2017年にCanadian Screen Awardでコメディ主演最優秀賞を受賞した時のスピーチがこちらです↓

(内容も素晴らしいので是非見てみてください)

 

✔︎学べるアクセント

  • カナダ
  • 韓国

 

✔︎視聴方法

  • Netflix(日本未配信)

 

シーズン3が2019年1月8日からスタート予定なので、今から見ておくとキャッチアップできるかもしれません^^

 

Ronny Chieng: International Student

 

(出典:Ronny Chieng: International Student (TV Series 2017– ) – IMDb

 

この作品は、2017年にオーストラリアの放送局ABCで放送されたテレビコメディシリーズ

 

オーストラリアの大学生活を留学生の視点で面白く再現したドラマで、実際に留学生活を送っている人は共感する部分も多い作品だと思います

 

それもそのはず!

 

なぜなら、このストーリーは、主演を務めるコメディアンRonny Chiengさんが、実際にオーストラリアで法学部の留学生として経験したことを元に作られているからなんです

 

これから留学する予定の方も、この作品を見ると実際の学生生活が少しイメージしやすくなるかもしれません

 

ひとみ
ひとみ

少しオーバーに描かれている部分もありますがw

 

✔︎学べるアクセント

  • アメリカ
  • オーストラリア
  • ベトナム
  • マレーシア

 

✔︎視聴方法

 

The Final Table

 

(出典:The Final Table (TV Series 2018– ) – IMDb

 

この作品は、2018年11月にNetflixで公開されたアメリカの料理コンペティションシリーズ

 

2人1組の各国のプロの料理人たちが、各エピソードの国のテーマに基づいて料理を作り、その出来を競い合う番組です

 

各チームは毎回有名な料理評論家やシェフたちに評価され、評価が悪いとどんどん脱落していきます

 

このシリーズは、世界中の料理を知ることができるだけでなく、世界を舞台に戦うシェフたちの英語のアクセントを聞くことができるので、是非そこも注目しながら見てみてください

 

ひとみ
ひとみ

ちなみに、日本からもミシュランを獲得したシェフが出ていて、日本編ではゲストにお笑い芸人・ピースの綾部さんも出ているので要チェックですよ^^

 

✔︎学べるアクセント

  • アメリカ
  • イギリス
  • イタリア
  • インド
  • オーストラリア
  • スペイン
  • ニュージーランド
  • フランス
  • ブラジル
  • 南アフリカ
  • メキシコ

 

視聴方法
  • Netflix

 

まとめ

いかがでしたか?

 

色々な国のアクセントが学べる映画・ドラマを4つご紹介しました

 

どの作品を見ても分かってもらえると思いますが、どの国の人たちもみんな自信を持って英語を話しています

 

実はこの「自信」というのは、英語を勉強する上でとても大事なことです

 

英語を勉強していると、「自分の発音をバカにされたりするのではないか?」という不安や、「うまくコミュニケーションが出来ないんじゃないか?」という風に自信がなくなることがあると思います

 

でも、そんなことは正直気にしなくて大丈夫です!

 

大事なのは、相手の話をしっかり聞く姿勢、伝えようとする姿勢、そして自信と笑顔です^^

 

もちろん、相手にわかりやすい発音、綺麗な文で話せるに越したことはないかもしれません

 

それでも、完璧を目指してずっと喋らないでいたら、いつまでたっても上達しません

 

むしろ自分の「ジャパニーズアクセント」を個性と捉えてどんどん喋ってみてください

 

あなたの英語を馬鹿にする人なんていないはずです^^

 

ひとみ
ひとみ

みなさんが日本語を頑張って話す海外の人に出会ったら、その人のことを笑ったりはしないですよね?

 

今回ご紹介したコンテンツが、みなさんの英語に対するハードルを下げるものになったら嬉しいです

 

最後に”Crazy Rich Asians” のキャストの一人、Nico Santosさんのメッセージをお届けします↓

“People with accents exist and just because they have an accent doesn’t mean they’re less intelligent or what-have-you.

(出典:I Can’t Stop Thinking About the Accents in ‘Crazy Rich Asians’ – FLARE

 

(訳:アクセントを持った人々は存在します。そして、アクセントを持っていることが、彼らが知的でないとかそういうことを意味するわけではありません。)

 

ひとみ
ひとみ

それではっ

ブログ村ランキングに参加しています

よろしければクリックで応援お願いします!

Comments

スポンサーリンク