【オーストラリア留学】ホームステイ?シェアハウス?寮?経験者が語るおすすめの滞在方法

この記事は約11分で読めます。
スポンサーリンク

 

ひとみ
ひとみ

こんにちはっ、ひとみです

 

「これから留学を考えているけど、現地ではどんな滞在方法があるんだろう?」「色々な滞在方法があるみたいだけど、どれが自分に合っているか分からない」とお悩みの方はいませんか?

 

この記事ではそんなあなたのために、オーストラリア在住3年目で留学中にホームステイ・シェアハウス・寮の全てに住んだことのある私が、それぞれのメリット・デメリットをお届けします。

 

この記事でわかること
  • オーストラリア留学中の一般的な滞在方法(ホームステイ・シェアハウス・寮)
  • それぞれの滞在方法のメリット・デメリット
  • 私の経験談とおすすめの滞在方法

 

オーストラリア留学中の一般的な滞在方法

 

オーストラリア留学中には主に3の滞在方法があります。

 

ホームステイ

現地の一般家庭に受け入れてもらい、家族の一員として生活していく滞在方法。ボランティアでやっている家もあれば、エージェントや学校と契約している家もある。

 

シェアハウス

若者を中心に、現地の人も多く利用する滞在方法。一つの家をみんなでシェアする、いわゆる共同生活で、場合によっては一つの部屋を複数人で共有する「ルームシェア」も。

 

学校が持つ寮で、他の生徒と一緒に生活する滞在方法。一般的に寮の建物は学校に近く、寮によっては食事が提供される場合も。

 

それぞれの滞在方法のメリット・デメリット

 

 

ここからは上記の3つの滞在方法それぞれのメリット・デメリットをお届けします。

 

ここで挙げたことは、あくまでも私が経験したことや周りから聞いたことを元に書いています。事実とは異なる場合もありますのでご了承ください。

 

ホームステイ

 

  • 現地の生活を体験できる
  • 生活で困ったことがあったら助けを求めることができる
  • 食事が用意されているので、生活の心配が減る
  • 家に(ネイティブの)話し相手がいるので英語が上達しやすい
  • 休みの日など、ホストファミリーと遠出をすることも可能
  • 仲良くなれば一生の付き合いになることもある
  • 家の場所を指定できないので通学が大変なことがある
  • 家族の一員として扱われるので、家のルールに従わなければいけない(家事全般・シャワーの時間・消灯時間など)
  • 用意された食事が合わない可能性がある
  • 当たり外れがあるのが現状で、必ずしも良い経験ができるとは限らない
  • 何かトラブルがあっても滞在先を変更するのが容易ではない
  • 他の滞在方法よりも滞在費が高いことが多い

 

シェアハウス

 

  • 自分で好きな場所を選ぶことができる
  • オウンルーム(一人部屋)なら自分のプライバシーを確保できる
  • とにかく自由度の高いライフスタイルを実現できる(食事・起床/就寝時間など)
  • ハウスメイトと仲良くなれば、パーティーをしたり一緒に外出したりと毎日楽しく過ごせる
  • 様々な国の人が一緒に住んでいるので、違った文化を体験できる
  • 家賃や食費などを自分でコントロールできるので、節約が可能
  • 家探しが大変
  • 家事など、身の回りのことは自分でやらなければいけない
  • ハウスメイトとの意見や文化の違いでトラブルが起きやすい(特にルームシェアの場合)
  • 契約内容や金銭面でのトラブルも起きやすい(最低契約期間や補償金など)
  • 綺麗好きが多い日本人にとっては清潔感が足りず、ストレスになる可能性がある
  • 場所によっては厳しい生活ルールがある場合も
  • オーナーが一緒に住んでいると、監視されているようで生活が息苦しく感じる

 

 

  • 学校に近い場所にあれば、通学が楽
  • 同じ学校に通う者同士が住んでいるので、留学生・ローカル関係なしに仲良くなりやすい
  • 寮の中でイベントが開催されることもあり、楽しい思い出ができる
  • 課題など、困ったことがあれば助け合える
  • 食事が用意されていたり、家事全般をお掃除さんがしてくれれば、その時間を勉強に充てることができる
  • 友達と性格が合わなかったりすると、学校でも寮でも顔を会わせるので辛い
  • 若い学生同士で住んでいるので、物が散乱したりと汚くなりやすい
  • シェアハウスと違い、学校の監視下にあるのであまり派手なことはできない(友達を呼ぶのにもルールがあったりする)
  • 学校や寮によっては滞在費が高い

 

私の経験談

 

ここからは、私の実際の経験についてお話ししたいと思います。私はアデレード・メルボルン・ダーウィンの3都市に住んだことがありますが、今回は留学初期のアデレードでの経験についてお話しします。

 

ひとみ
ひとみ

結論だけ知りたいという方は飛ばしていただいて大丈夫です^^

 

ホームステイ(1ヶ月)

 

すごく散らかってますが気にしないでください…汗

 

ひとみ
ひとみ

ちなみにこれは私の人生2度目のホームステイです

 

  • 到着時に空港に迎えがあった
  • 右も左も分からない状況で、頼れるローカルがいることは心強かった
  • 学校に持っていくランチを用意してくれるので楽だった(サンドイッチ・フルーツ・スナックなど)
  • 休日はホストファミリーと外出する機会が多かった
  • 学校から遠い場所にあり、バスの本数も限られていたので通学が大変だった
  • 滞在費には食費も含まれていたので、友達と外食した時は二重にお金を払っていることになり、出費がかさんだ
  • イギリス系の家庭だったこともあり(?)、食事がどれも似たり寄ったりで途中から飽きてきた(マッシュポテト・蒸した野菜・魚のフライなどの繰り返し)
  • シャワーを使っていい時間が限られていたので、都合が合わないと大変だった
  • ホストシスターが勝手に自分の部屋に入ってきたり、親子が喧嘩していると空気が悪かったりして、気を遣うことが多かった

 

このホストファミリーは一般的にいうと可もなく不可もなくという感じだと思いますが、通学に時間がかかること・滞在費が高いこと(手配料$110+滞在費[食費込み]$260/)・気を遣わなければいけない状況が多かったことから、最低契約期間の4週間を終えてシェアハウスに引っ越しました。

 

また、私がお世話になったファミリーは、善意や留学生への興味というより、収入の足しとして学生を受け入れているような感じでした。当初4年間の留学を予定していた私がそのこと伝えると、目の色を変えて「滞在の延長をしないか?」と割とプレッシャーをかけられたのはちょっと怖かったですが、拙い英語でなんとか丁寧にお断りしました

 

シェアハウス①(7ヶ月)

 

 

  • バス停やトラムの駅が近く、本数も多いところだったので通学・外出が楽になった
  • スーパーやドラッグストアが近く、買い物も楽だった
  • 自分の好きなものを食べれるようになった
  • 自分ひとりの時間が持てるようになった
  • 友達を招待できるようになった
  • エレベーターがなかったので引っ越しが少し大変だった
  • アパート全体にインド人が多く、スパイスの匂いが気になった
  • 部屋が少し小さかった

 

初めてのシェアハウス探しということで少し大変なところはありましたが、無事に見つけたこちらのシェアハウスはスペイン人女性との2人暮らしでした。

 

私は当時19歳で、初めての海外一人暮らし(?)ということもあり、同居人が年上のしっかりした方だったのはプラスだったと思います。少し部屋は小さかったですが、$140/週(光熱費・Wi-fi込)であのロケーションと快適さはなかなかラッキーでした。

 

シェアハウス②(4ヶ月)

 

 

ひとみ
ひとみ

大学進学を機に、学校の近くに引っ越しました。

 

  • 新築+家具もキッチン用品もとにかく綺麗で快適だった
  • 通学が楽だった
  • エアコンの使用に制限がなかったので、暑い夏も大丈夫だった
  • ハウスメイトが年上だったので面倒を見てくれた
  • ルールが少し厳しく、息苦しく感じた(ドライヤーの使用時間・掃除当番・友人招待の制限など)
  • オーナーと一緒に住んでいたので、監視されている感じがして気を遣った
  • ハウスメイトがベトナム人だったので、料理の臭いがきつかった
  • オーナーが度々家族を呼び、遅くまでパーティーをしたりするので、眠れない日が数日あった
  • ハウスメイトの男性に好意を持たれ、身の危険を感じることが数回あった

 

こちらのシェアハウスは、カレッジ時代のベトナム人の友達に紹介してもらった物件です。

 

エリアによっては特定の国の人たちのコミュニティが発達している場合があります。(ベトナム・インド・中国・韓国など)そのようなエリア内で物件を探している場合、彼らのコミュニティサイトをチェックすることで、英語サイトでは見つからない情報を得ることができます。自分でなかなか物件が見つけられない場合は、その言語を読める友達に頼むのもワザです。

 

当初は友達も一緒に引っ越す予定だったのですが、事情が変わり、代わりに入ってきたのは男性のベトナム人でした。正直男性と暮らすのには抵抗があったのですが、結果的に好意を持たれて変な雰囲気になってしまい、やはり「女性限定の物件を選ぶべき」とこの時学びました。

 

シェアハウス①と変わらず$140/週(光熱費・Wi-fi込)で、しかも新築+全員綺麗好きだったのでとても良い物件だったのですが、オーナーが一緒に住んでいるのは変なプレッシャーを感じてしまうのであまりオススメしないです。

 

ひとみ
ひとみ

その分、トラブルが少なく、家の中の秩序が保たれるというメリットはあります

 

寮(3ヶ月)

 

ハウスメイトと変な感じになってしまったこともあり、当時お付き合いを始めた彼の寮の部屋で一緒に住むことしました。本当はルール違反です

 

  • 建物が学校の真横にあるので、通学が楽だった
  • 放課後も友達と話したり、一緒にご飯を食べたりと楽しいことが増えた
  • 課題で困ったことがある時にすぐに助けを求められる環境だった
  • お掃除さんが家事全般をやってくれたので、負担が減った(週1回)
  • 食事・掃除がついてくるとはいえ、家賃が高い
  • 食事は不健康なメニューが多く、日に日に飽きてきた
  • タバコを吸う人が多かったり、クスリをやっている人がいたりして治安が悪かった

 

本来は私も入学と同時に寮に住むところを、家賃の高さ($8690/半年=$362/週)を考えて直前にシェアハウスに変更しましたが、正直初めから寮に入っておけば良かったなと今は思います。

 

理由は、放課後もクラスメイトや先輩と過ごすことで、関係性を築く・情報を得る・課題を助け合うといった良いことがたくさんあると感じたからです。特に、私の大学の寮は留学生だけでなくローカルの生徒も多かったので、英語力のアップにも繋がる環境だったと思います。

 

正直、家賃に見合う設備や食事ではなかったですが、寮はそれ以上に価値のあることを得られる場所だと思います。

 

ひとみ
ひとみ

寮内でパーティーをしていたり、ちょっと治安が悪かったりするのも海外らしい貴重な体験ができると思えば悪くないですw

 

結論:まずはホームステイから始めて、シェアハウスに移ろう!寮はオススメ

 

ということで、私の結論は「まずはホームステイから始めて、シェアハウスに移ろう!寮はオススメ」です。

 

やはり海外に来てまだ右も左もわからない、英語も拙い状態でいきなりシェハウスを探すのはハードルが高いです。ホームステイには当たり外れがあるのは事実ですが、現地の生活を体験するのは良い経験ですし、まずはホームステイから始めてみるのが一番無難かと思います。

 

その間に現地の人から情報を得たり、土地感覚を身につけたりしながら自分でシェアハウス探しをしていきましょう。上記の私の経験からも分かるようにシェアハウス探しは想像以上に大変ですし、気をつけなければいけないところもたくさんあります。ぜひ余裕を持って準備しましょう。(シェアハウス探しのコツについては別途記事を出す予定です。)

 

また、寮がある学校に行く方は、ぜひ寮を選ぶことをオススメします。場合によってはかなり高くつくかもしれませんが、それ以上に大切な「経験と思い出」が得られます。締め切りギリギリまで友達と課題を頑張ったり、放課後や休日に夜更かしして友達と一緒に遊んだりというのは留学生のうちにしか体験できないことです。

 


 

留学先での滞在方法についてなんとなく想像はついてきたでしょうか?

 

もちろん、ここに書いてあることが皆さんにも同じように起こるとは限らないですし、それ以上それ以下もあるということは頭に入れておいてくださいね^^

 

皆さんが素敵なオーストラリア留学生活を送れますように!

 

ひとみ
ひとみ

それではっ

ブログ村ランキングに参加しています

よろしければクリックで応援お願いします!

Comments

スポンサーリンク