これでバッチリ!オーストラリアでのコーヒーの頼み方

この記事は約11分で読めます。
スポンサーリンク
ひとみ
ひとみ

こんにちはっ、ひとみです

 

最近アデレードとメルボルンのおすすめカフェに関する記事を出しましたが、読んでいただけたでしょうか?

 

ちょっとここで私がホテルマンとして働いていた頃の話を・・・

 

私はホテル内のレストランで働いていたので、たまに日本人ゲストの注文を取ることがあったのですが、皆さん揃って

 

「コーヒーください!!!」

 

と注文されることが今でも印象に残っています。

 

日本人からしたら何の問題もないフレーズに聞こえますが、実はこの頼み方、オーストラリアでは店員さんが「???」となってしまいます。

 

なぜかというと、コーヒーはコーヒーでもいろんな種類があるからなんです!

 

ということでこの記事では、オーストラリアのコーヒーの種類と注文方法を解説します。

 

 

ひとみ
ひとみ

これを読めばオーストラリアでのコーヒーの注文もバッチリです!

 

オーストリアのコーヒーの種類

初心者さん向け

 

 

オーストラリアには大きく分けて2種類のコーヒーがあります。

 

  • ミルクなし:ブラック
  • ミルクあり:ホワイト

 

今回はこの2種類をさらに細かく見ていきます。まずは基本の6種類をおさえましょう!

 

Short Black(ショートブラック)

 

Sip4Sip Coffeeさん(@sip4sipcoffee)がシェアした投稿

 

エスプレッソ」といえば皆さんも聞いたことがあると思いますが、オーストラリアではそれが「ショートブラック」と呼ばれています。

 

「エスプレッソ」はイタリア生まれのコーヒーで、エスプレッソマシンで圧力をかけ、お湯をコーヒーの粉の中に通して抽出したもののことを指します。ドリップコーヒーよりも味が濃厚なのが特徴で、そのままで飲むとかなり強烈だと思います。

 

ひとみ
ひとみ

意外にもカフェインの量はドリップコーヒよりも少ないらしいですよ

 

一般的にはデミタスカップ(小さなカップ)に入って出てきます。

 

そして、このショートブラックがオーストラリアのコーヒーのすべての基盤になります。

 

Long Black(ロングブラック)

 

 

ロングブラック」はその名の通り、「ショートブラック」の反対。わかりやすくいえば、ショートブラックのお湯割りみたいな感じですが、エスプレッソの量は2倍使われています。

 

ひとみ
ひとみ

皆さんが「コーヒー」と聞いて一番初めにイメージするものに近いです

 

よく「Americano(アメリカーノ)」とはどう違うの?という質問を聞きますが、アメリカーノはエスプレッソ→お湯の順番で作り、ロングブラックはお湯→エスプレッソの順番で作ります。

 

このロングブラックは元々オーストラリアやニュージーランドで飲まれていましたが、今ではヨーロッパにも広がっているそうです。

 

Macchiato(マキアート)

 

 

マキアート」とはエスプレッソに少量のフォームミルク(泡立てたミルク)を注いだもので、ミルクの量は基本スプーン1杯程度と言われています。

 

「泡立てる」は英語で ”froth(フロス)” と言います。

 

こちらも量が少ないので一般的にはデミタスカップに入って出てきます。

 

お店によっては「Short Macchiato(ショートマキアート)」と「Long Macchiato(ロングマキアート)」の2種類があり、ロングマキアートはエスプレッソが2倍以上の量になります。

 

ひとみ
ひとみ

ちなみに、オージーは「Short Macc(ショートマク)」と呼んだりします

 

Latte(ラテ)

 

A post shared by Coffee (@thetrendybarista) on

 

ひとみ
ひとみ

「ラテアート」という言葉はよく聞きますが、一体ラテがどんなコーヒーかをしっかり説明できる人は少ないのではないでしょうか?

 

ラテ」はエスプレッソにスチームミルク(温めたミルク)と少しのフォームミルクを注いだものです。割合はエスプレッソ2:スチーム7:フォーム1くらいが一般的だと言われています。

 

ラテアートの種類にはこんなものがあります

  • ハート
  • リーフ(ロゼッタ)
  • チューリップ
  • スワン
  • ローズ

 

ひとみ
ひとみ

丁寧に作られた適温のミルクを使うことであの綺麗なラテアートを描くことができるんですよ♩

 

▼私が個人的に一番好きなのはスワンで、メルボルンの「White Mojo」というカフェはスワンを描いてくれることが多いです。

 

ちなみに、ラテにチョコレートパウダーを足すと「Mocha(モカ)」になります。

 

よく「カフェオレ」と混同してしまう人が多いですが、カフェオレはエスプレッソではなくドリップコーヒーを使っていて、ミルクとの割合は5:5が一般的です。

 

Flat White(フラットホワイト)

 

 

フラットホワイト」はエスプレッソにスチームミルクを注いだもの。

 

▼オーストラリアとニュージランドのみで飲まれているコーヒーの種類で、オーストラリアではラテに続き、2番目にポピュラーなコーヒーです。

1位:ラテ(39%) 2位:フラットホワイト(24%) 3位:カプチーノ(16%)

 

▼州別に見るとこんな人気具合です。

VIC州(メルボルン)は他の都市に比べてラテが人気のようですね。

(出典:Business Insider Australia

 

正直初めて飲んだ時は「ラテ」との違いはほぼわかりませんでしたが(笑)、わかりやすく言うなら、フラットホワイトの方は泡感が少ないので、より「ザ・コーヒー牛乳」っぽいテクスチャーになります。

 

ひとみ
ひとみ

その名の通り、ラテよりきめ細かい(フラットな)泡を使っているので、舌触りがクリーミーです

 

また、ラテがカップに入っているのに対して、フラットホワイトはグラスに入っていることが多いです。

 

Cappuccino(カプチーノ)

 

denny2485さん(@denny2485)がシェアした投稿

 

「カプチーノ」はエスプレッソにスチームミルク、そしてフォームミルクが注がれ、割合はそれぞれ1:1:1が望ましいとされています。

 

「ラテ」と一番混同されやすいコーヒーの種類だと思いますが、カプチーノの最大のポイントは「」です。泡があるぶんミルクの量は少ないので、ラテよりも少し強いエスプレッソの風味を感じると思います。

 

オーストラリアではカプチーノにチョコレートパウダーがかかっていることが多いので注意です。もし甘くないコーヒーが良いときは、注文時に”No chocolate (powder), please.”と言うといいでしょう。

 

上級者さん向け

 

今まで紹介したコーヒーの種類に加え、カスタマイズに使える言葉をいくつか紹介します。

 

ミルクの種類

 

 

オーストラリアでは食の嗜好の多様性が高いこともあり、ミルクをカスタマイズする人が多くいます。お店によっては用意されていない場合もありますが、基本的にはこの3つがオプションです。

 

  • Skim(スキム):無脂肪乳
  • Soy(ソイ):豆乳
  • Almond(アーモンド):アーモンドミルク

 

オージーパートナー・D
オージーパートナー・D

普通のミルクよりも泡立てるのが難しんだよね〜(元バリスタ)

 

Decaf(ディカフェ)

 

 

「ディカフェ」はカフェインを除去したコーヒーのこと。本来のコーヒーと比べると風味が損なわれるとも言われていますが、最近は技術が発達しているので、普通のコーヒーと同じような味を楽しめます。

 

カフェインを摂りたくないけどコーヒーを飲みたい方や、妊娠中の方でも飲めるコーヒーとして人気です。

 

英語でコーヒーを注文してみよう!

 

 

オーストリアのコーヒーの種類がわかったところで、早速英語でのコーヒーの注文の仕方をお教えします!

 

ひとみ
ひとみ

とっても簡単です

 

“Could I get a latte (please) ?”(ラテをください)

 

たったこれだけです!

 

日本ではお水一杯のことを”a glass of water”、一杯のコーヒーのことを”a cup of coffee”と言うように習ったと思いますが、正直現地の人はほとんど使いません(汗)

 

ひとみ
ひとみ

厳密に言えばおそらく文法的には間違っていますが、この一文で通じますので大丈夫です^^

 

他には“I’ll have a flat white.”(フラットホワイトをいただきます)なんて言い方もできます。

 

もしカスタマイズしたければ“I’ll have a decaf soy cappuccino.”(ディカフェの豆乳カプチーノをください)なんてのもアリですが、これはもはやバリスタ殺しの注文ですね(笑)

 

ひとみ
ひとみ

実際こんなオーダーはいっぱいあるので気にせず注文してください・・・ね?

Aussieパートナー・D
Aussieパートナー・D

・・・(怒)(忍)

 

まとめ

いかがでしたか?

 

私自身、日本では全くコーヒーを飲んでいなかったのですが、オーストラリアに来てからは、コーヒーを避けて生きていくことは不可能でした。あのスターバックスが撤退せざるを得なかったほど、ローカルカフェの文化が発達していますからね…。

 

それに加え、私は学校でコーヒーについて習ったり、パートナーが元バリスタだったりということもあって、今では立派なコーヒー野郎になってしまいました(笑)

 

ひとみ
ひとみ

コーヒーの飲み過ぎは身体に悪いという研究結果もあるようですが、オージーたちはあまり気にしていないみたいですw

 

この記事で注文の仕方はマスターできたと思うので、旅行などで来られる際は、本場オーストラリアのコーヒーをぜひ楽しんでくださいね。

 

おすすめはもちろんオーストラリアの定番「フラットホワイト」です!

 

おまけ:州別の各コーヒーの平均価格

 

(出典:Business Insider Australia

 

 

ひとみ
ひとみ

それではっ

ブログ村ランキングに参加しています

よろしければクリックで応援お願いします!

Comments

スポンサーリンク