賛否両論!キャドバリー・クリームエッグチョコレートの人気の行方はいかに…【オーストラリア限定/イースター】

この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

 

ひとみ
ひとみ

こんにちはっ、ひとみです

 

皆さん、チョコレートは好きですか?私は割と頻繁に食べる方なのですが、今回はそんなチョコレートの有名イギリスブランド「Cadbury(キャドバリー)」からオーストラリア限定の「Creme Egg Chocolate」なるフレーバーが出たということで実際に買って食べてみました。

 

結論から言ってしまうと、他のチョコレートと何が違うのか分かりませんでした(汗)

 

Cadbury(キャドバリー)とは?

 

出典

 

「Cadbury(キャドバリー)」はイギリスの大手菓子・飲料メーカーで、1905年から発売を開始した「キャドバリー・デイリーミルク」がブランドの代表的な商品と言えるでしょう。

 

イギリスと関係の深いオーストラリアでも多くの人から愛されるブランドで、スーパーのチョコレートコーナーにはずら〜〜〜〜〜っと「キャドバリー・デイリーミルク」が並んでいます。

 

ひとみ
ひとみ

定番の板チョコシリーズだけでなんと27種類ものフレーバーがあります!(2019/3/5現在)

 

クリームエッグチョコレートとは?

 

出典

 

そんな「キャドバリー・デイリーミルク」の板チョコシリーズに今回新たに追加されたのが、「クリームエッグチョコレート」というフレーバー。

 

「クリームエッグ」という名前からも想像できるように、これは通常はイースターの時期に販売されるフレーバーなのですが、今回はかなり早めの時期な上、いつもとは形状の違う板チョコ(Blocks)で発売されることになったので、FacebookなどのSNSで話題になりました。

 

出典

 

通常のミルクチョコレートにクリームエッグのフィリングが入った「クリームエッグチョコレート」は、そのとろけるような美味しさが人気のようです。

 

▼イースターとは

復活祭(ふっかつさい、ギリシア語: Πάσχα、ラテン語: Pascha、フランス語: Pâques、英語: Easter、ドイツ語: Ostern、ロシア語: Пасха)は、十字架にかけられて死んだイエス・キリストが三日目に復活したことを記念・記憶する、キリスト教において最も重要な祭。

多くの教会で特別な礼拝(典礼・奉神礼)が行われるほか、様々な習慣・習俗・行事がある。

イースター・エッグ、または復活祭の卵とは、復活祭に出される、彩色や装飾を施されたゆで卵である。

(出典:復活祭 – Wikipedia

 

ネット上の反応

 

 

この「クリームエッグチョコレート」発売に対してのネット上の反応は、まさに二極化といったところでしょうか…

 

ポジティブ・ネガティブをそれぞれピックアップしてご紹介します。

 

  • このフレーバーはとっても好きだから、食べるのが待ちきれない!
  • これ本当?私の両親の夢が叶うわ!絶対買わなきゃ!!
  • オーストラリア限定なんてずるい!なんで私の国でも売ってくれないのかしら?
  • 最近のここのチョコレートは本当に不味い
  • 普段買うブロックチョコよりもかなりサイズが小さいようだけど?
  • 最近パームオイルを使うようになったと知って、このブランドは好きじゃなくなった。もっと環境のことを考えろ!

 

このように、毎年このフレーバーを楽しみにしているファンと、環境問題に言及する消費者で意見が真っ二つ。最近は製造ライン(工場)が変わったこともあり、以前とは味や質が違うと指摘する声も多かったです。

 

実際に食べてみた感想

 

私自身このブランドは好きですが、今までにこのフレーバーを食べたことがなく、イースターまでの期間限定商品ということで、「モノは試し!」と思い、実際に買って食べてみました。

 

▼こちらがお目当ての品「クリームエッグチョコレート」

 

▼発売開始直後の2月末のスーパーでは、特設コーナーで大量に陳列されていました

 

▼ちなみに断面はこんな感じ(写真を撮るのを忘れてしまいました…)

出典

 

【感想】特別、フィリングの味がすることもなく、ただミルクチョコレートを食べているような感じで、不味くはないけどなんともいえないチョコレート。

 

ひとみ
ひとみ

パートナーと一緒に食べたのですが二人とも「???」となってしまいましたw

 

ネット上で「中のフィリングがかなり変わったので、以前のように味も強くないし、口の中でとろけなくなった」という口コミがあったのですが、正にその通りだと思います…。

 

まとめ

 

ということで、ちょっと期待外れだった「クリームエッグチョコレート」。これを買って微妙な気持ちになるくらいなら、定番のミルクチョコレートで全然OKだと思います。

 

ただ、「せっかくオーストラリアにいるから、今だけの限定商品を是非食べてみたい!」という方は1度くらいは買ってみても良いのではないでしょうか?

 

 

ひとみ
ひとみ

それではっ

ブログ村ランキングに参加しています

よろしければクリックで応援お願いします!

Comments

スポンサーリンク